賃貸管理会社を利用する場合には評判が重要

最初に過去の利用者の評判を確認することが大切

以前の賃貸物件でも同じように壁や床が日焼けを起こしていましたが、その場合は経年劣化が認められて費用負担は求められていません。
その話をしたところ、その会社では経年劣化の解釈は業者によって異なるということで聞き入れてはくれませんでした。
どうしても納得できなかったので専門機関に相談したところ、支払う必要は無いという判断をもらって新たに話をすると、今度はあっさりと支払わなくてもいいという通知が来ます。
蟠りが残りましたがそこで一応はこちらの主張が聞き入れられたので納得はしましたが、あそこで行動を起こさなければ支払わなくてもいい費用を負担したいたのかと思うと、どうしても満足はできませんでした。
退去してからこの業者についての口コミや評判を調べると、以前から退去時での判断基準がとても厳しいという意見が多く出ていることを知ります。
経年劣化についての処遇は法律で明記されていますがその事実を知らない人も多く、賃貸管理会社から請求があれば疑わずに支払う人も多くなっています。
これは法律でも内容や程度については規定されおらず、結局は扱っている業者任せになっていることが問題です。
異なる業者を使えばその対応の違いについて体験できますが、経験が乏しいと判断が難しくなるというのが現状になっています。
そのため、面識の無い賃貸管理会社を利用する場合には最初に過去の利用者の評判を確認することが大切になってくるでしょう。

仕事の関係で賃貸管理会社を経由して賃貸マンションを借りました : 最初に過去の利用者の評判を確認することが大切 : 実際に借りる前に評判はしっかりと確認を!